カラコンは装着しても安全かどうか

土曜日, 3月 12th, 2016 at 4:19 pm

近頃では女性のオシャレの一つとしてカラコンを目に装着される事が多くなりました。

まるで外国人のような瞳のカラーに替えられたり、まるでお人形さんのような大きな瞳に見せられるのがカラコンの良い所です。

そんなカラコンはコンタクトレンズ同様に目に直接装着します。

そのため目の角膜を傷つけてしまう恐れがあります。

メガネの場合はレンズと目には間がありますので角膜を傷つけてしまう心配は無いです。

しかしメガネのレンズの材質はプラスチックとガラスなのでぶつけるとひびが入ったり割れてしまう事があります。

カラコンの材質はプラスチックのため、メガネより軽くて割れにくいですが、レンズには着色料が使われていますし、目に直接装着するだけに安全性が気になるところです。

●以前のカラコンはカラコンには度ありと度なしがあります。

度ありのカラコンは薬事法で医療機器に指定されているので、きちんと国の安全基準のもとで製造されています。

しかし以前の度なしのカラコンは雑貨品扱いだったので国の安全基準が設けられていませんでした。

そのため安価なカラコンの中には目にトラブルを引き起こす事があったのですが、現在では薬事法が整備されカラコンでも国が定める安全基準をクリアする事が必要です。

国の承認を得たカラコンだけが流通を許されているので、最近のカラコンでは安全性が高くなっています。

しかし個人輸入代行業者を介して国の承認を得ていないカラコンを入手して使用すると安全性がハッキリしていないです。

●着色料は安全かカラコンは着色料で色を付けられています。

目をまばたきをするたびにカラコンと目が擦れあい着色料が取れてしまう事があります。

取れた着色料が目に直接入ってしまうと目にトラブルを引き起こしかねないです。

着色料が落ちるとその部分が凸凹になり、目と擦れあうことで傷が出来てしまう可能性があります。

最近のカラコンではレンズ2枚の間に着色料を入れて作るサンドイッチ構造のものが多いです。

これなら着色料が取れて目に直接付かないので安全性が高いです。カラコン度あり人気ランキングなどを参考に色々試してみて自分の好みになったカラコンを探し始めるのも良いと思いますよ。

  • Category:情報.
  • Follow this entry: RSS 2.0 feed.
  • Both comments and pings are currently closed.