血糖値を上げないための具体的な二つの工夫

月曜日, 4月 25th, 2016 at 9:13 am

血糖値というのは炭水化物の過剰摂取によって引き起こされる症状です。

血糖つまり炭水化物が分解されたブドウ糖を過剰に摂取することで、糖質の処理が体が追いつかなくなり、動脈硬化や糖尿病といった症状に苛まれます。

これらの症状を未然に防ぐためには日頃から生活習慣を規則正しくする必要があります。

では具体的にどのようにすればいいのかについてお話します。

それは体内の細胞のミトコンドリアを増やすことで、血糖値の上昇を抑えることができます。

どういうことかといいますと。

体内のミトコンドリアは私達の細胞が生きる上で必要な細胞の一種であり、ブドウ糖やアミノ酸などの、栄養素を原料にして活動しています。

しかしミトコンドリアの減少やブドウ糖の過剰摂取により、ブドウ糖が体内に余ってしまうと、血糖値が上昇してしまいます。

それを防ぐためにはブドウ糖の過剰摂取を抑え、ミトコンドリアを増やすことが重要になるのです。

では具体的な方法について紹介していきます。

一つ目:炭水化物の摂取を控えること

ブドウ糖が生成される源は炭水化物です。

炭水化物は見渡すところにたくさんあります。

菓子パン、ラーメン、うどんなど数え上げたらきりがありません。

また炭水化物はカロリーが高いため、食べ過ぎると肥満の原因になります。

それが元で血糖値が高くなるのは言うまでもありません。

まずは炭水化物を摂取することを控えるようにしましょう。

とはいってもいきなり炭水化物を制限するのは難しいです。

まずは食事の中で炭水化物が2種類以上あるのかチェックしてみましょう。

もし日頃の食事の中で炭水化物の料理が2種類以上あるなら、1種類に減らしましょう。

血糖値を下げる食べ物飲み物だけでもブドウ糖の過剰摂取を抑えることができます。

二つ目:軽めの運動を行う

ミトコンドリアを増やす運動はちょっと汗ばむくらいの軽い運動がいいと言われています。

ですのであまり激しくない程度に家でもできる運動例えば腹筋や腕立て伏せなど、年齢や体力問わず、自信のペースでできる運動を行うことがお薦めです。

そうすることで体内の細胞のミトコンドリアは活性化されて、ブドウ糖を多く消費するので、血糖値が上がりにくく成るのです。

以上が具体的な血糖値を上げないための方法です。

どうでしょうやろうと思えば誰でも実践できる方法なのではないでしょうか?でも誰でもできることを1つずつ積み重ねておくことで大きな成果を生み出すことができるのです。

それはそう健康です。

後悔しないためにもぜひこの二つの方法を取り入れてみてくださいね。

  • Category:情報.
  • Follow this entry: RSS 2.0 feed.
  • Both comments and pings are currently closed.